新型コロナウイルス抗体検査

こんにちは、コスモスファミリークリニックケレタロ院です🌸

新型コロナウイルスのワクチン接種も進み、患者様の中にも接種をしたという声を聞くことが増えてきました。

みなさん、ワクチンを打った後にできる”抗体”についてご存知ですか?

コロナウイルス抗体検査

今までは感染していたかもしれないので検査をしたいという方、感染したので抗体ができているか調べたいという方に抗体検査を行っていました。

抗体には色々ありますが、IgMと言われる抗体は感染してからすぐ作られるため現在感染しているか調べるために使われることがあります。(ただ、感染しても抗体ができない場合もあるので、当院では症状がある方には抗体検査は行っておりません。)

IgGは感染して少し時間が経ってから作られます。そのため、感染していたかどうかを知りたい方には検査が可能です。(感染したことがあっても抗体がないこともあります。)

IgG抗体

当院で行う抗体検査では2種類のIgG抗体を調べることができます。

ひとつめは、Ac. anti Nucleocápside IgG SARS-CoV-2 ヌクレオカプシドタンパク質に対する抗体です。

コロナウイルスの遺伝子を包む殻のことをヌクレオカプシドタンパク質、またはNタンパク質と言います。

この抗体は、コロナウイルスに感染した人のみ獲得できる抗体です。

ふたつめはAc. anti Proteína “S” IgG SARS-CoV-2 スパイクタンパク質に対する抗体です。

Sタンパク質とも呼ばれるこのタンパク質は、コロナウイルスのトゲ部分を構成するタンパク質で、新型コロナウイルスのワクチンはここに対する抗体を獲得するために接種されます。

この抗体はコロナウイルスに感染した人と、ワクチンを接種した人両方にできる抗体です。

つまり、ワクチン接種後抗体ができているかどうか不安、という方はSタンパク質に対する抗体検査を行えば、抗体ができているかどうかわかるという訳です。

(当院の検査には両方含まれています。)

検査方法

抗体検査は採血で行います。結果は約1日で受領できます。

簡単ですね!

ワクチンを打ったけど、本当に抗体ができているのか?どれくらいできているのか?不安な方は抗体検査を受けてみてくださいね!

FacebookTwitterも更新中です!

ケレタロ院アドレス:queretaro(アット)cosmos.clinic
※(アット)は@に変換ください。