メキシコのコロナワクチン今の状況は?

こんにちは、コスモスファミリークリニックケレタロ院です!

最近、朝晩は冷え込んだり日中は焼けるような日差しだったり寒暖差に慣れませんが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

今日のコラムはコロナウイルスワクチンの接種についてです!

(本記事は2021年2月21日現在のデータを元に作成しています。)

メキシコの接種計画は?

メキシコのコロナワクチン接種ですが、段階的に接種が進められています。現在発表されている計画は以下の通りです。

ステージ1 2020年12月〜2021年2月
対象:新型コロナウイルスの最前線で勤務する医療従事者

ステージ2 2021年2月〜2021年4月
対象:残りの医療従事者と60才以上の方

ステージ3 2021年4月〜2021年5月
対象:50才〜59才の方

ステージ4 2021年5月〜2021年6月
対象:40才〜49才の方

ステージ5 2021年6月〜2022年3月
対象:残り全員( 16才未満は接種不可)

2月21日現在、ワクチン接種はステージ2に入っており医療従事者以外への接種も始まっています。

2021年は少なくとも1億9千万のワクチンがメキシコに届く予定とのことです。(内訳:米独ファイザー・ビオンテック製ワクチン3400万本、英アストラセネガ製ワクチン7740万本、中国カンシノ製ワクチン3500万本、ロシア製スプートニクV2400万本、コバックスからの分配分( アストラセネガ製予定)5150万本)

メキシコで承認されているコロナワクチンは?

メキシコで1番最初に接種されたのはファイザー・バイオンテック社のワクチンです。今日まで120万強のワクチンがメキシコに到着しています。このワクチンは-70℃での保管が必要ということで話題になっていましたね。

メキシコで現在承認されているワクチンはどのような特徴があるのでしょうか。

現在承認されているのは
・米ファイザー・独バイオンテック社製ワクチン
・英オックスフォード・アストラセネガ社製ワクチン
・康希諾生物(カンシノ・バイオロジクス)製ワクチン
・科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製コロナバック
・ロシア製スプートニクV
の5種類です。

❶米ファイザー・独バイオンテック社製ワクチン
接種回数:2回
接種間隔:1ヶ月
有効率:95%
保管方法:-70℃での保管が必要

❷英オックスフォード・アストラセネガ社製ワクチン
接種回数:2回
接種間隔:1ヶ月
有効率:62-90%(平均70%)
保管方法:冷蔵庫保管

❸康希諾生物(カンシノ・バイオロジクス)製ワクチン
接種回数:1回
有効率:65%
保管方法:冷蔵庫保管

❹科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製コロナバック
接種回数:2回
有効率:50.4%
保管方法:常温保管

❺ロシア製スプートニクV
接種回数:2回
接種間隔:21日後
有効率:91.5%
保管方法:冷蔵庫保管

現在の接種状況は?

この週末で新たにステージ1の3900人の医療従事者の2回目のワクチン接種が完了します。

引き続き最前線の医療従事者へのワクチン接種が続いている中、先日からメキシコ政府のHPにて60才以上の高齢者のワクチン接種の申し込みが始まり、現在ステージ2に入り医療従事者以外への接種も始まっています。(ケレタロ州はアメアルコのみ開始しています。)

グアナフアトでは各地域の接種状況が発表されています。

接種ワクチンに関しては、重症化や死亡率の高い45才以上に関しては❶❷❺のワクチンが接種予定とこの木曜日に発表されています。

❶のファイザー・バイオンテック製ワクチンに関しては、既に120万本が複数回にわけて到着しており、接種も始まっています。

❷のアストラセネガ製ワクチンは、メキシコで2番目に接種が始まったワクチンで、現在まで87万本到着しています。

❸のカンシノ製ワクチンは先週200万本到着しており、こちらはケレタロで主に接種される予定です。

❹のシノバック製コロナバックは昨日第1便の20万本が到着しています。

❺のロシア製ワクチンは、こちらも明日2月22日の夜20万本到着予定です。

最後に

各地赤信号からオレンジ信号になり規制が緩和され、車の交通量も一時期に比べ戻りつつありますが、まだまだ感染は続いています。

引き続き不要不急の外出は控え、感染対策をしましょう。

参考資料

https://www.elfinanciero.com.mx/salud/cuantas-vacunas-contra-covid-recibira-mexico-en-2021-aqui-te-decimos