生理の時の辛い症状、その原因は?

こんにちは、コスモスファミリークリニック ケレタロ院です!

みなさん、生理のたびに辛い症状に悩まされていませんか?

生理のしくみ

生理は、不要になった子宮内膜を体外に排出することのことです。

女性のカラダは、1ヶ月に一度卵巣で1つの卵胞が成熟します、この成熟卵胞はのちに排卵される卵胞です。

この成熟卵胞が出す卵胞ホルモンによって、子宮内では受精卵を待つために子宮内膜が増えます。その後、排卵が起こり子宮内膜が厚くなります。しかし、その排卵された卵子が受精をしなければ厚くなった子宮内膜が剥がれて、体外に排出されます。

私たちの体の中では、毎月このようなことが起きているのです。

月経(生理)痛

月経痛とは、生理前〜生理中の下腹部や腰の痛みのことを言いますが、頭痛、胃痛、吐き気、めまい、腸蠕動痛・下痢などを伴うこともあります。

これらの症状は、子宮内膜組織を体外に排出するために子宮が収縮できるよう、子宮から放出されるプロスタグランジンという物質によって、子宮以外の平滑筋も収縮されてしまうことが原因です。

月経困難症

この月経痛は、様々な要因によって強まることがあり、日常生活に支障をきたすほど強い場合を、月経困難症と呼んでいます。

原因として子宮筋腫・子宮内膜症などの病気が関与しているもの場合と、特に病気はない場合があります。

過半数が子宮などに特別な病因が見当たらないものは機能性月経困難症と呼ばれます。機能性月経困難症は、プロスタグランジンの過剰産生などが原因とされており、10代~20代に多くみられます。不安感や精神的不安定、生活上の不摂生などが症状を強めている場合も見受けられます。

対処法

月経痛を完全になくすのは難しいですが、生活習慣や薬の使用で緩和をすることも可能です。

  • 毎日体温をつけ自分の月経周期を把握しましょう。
  • 月経が近づいてきたら過労は避け、休息をしっかりとるようにしましょう。
  • 体が冷えないようしっかりと体や腹部を温め平滑筋の強い収縮を予防しましょう。(食生活でも冷たい飲み物や体を冷やす食べ物は控える)
  • 普段の食生活を改善する。(お酒の飲み過ぎや脂っこいものを減らす)

薬の服用

また薬の服用でも月経痛の緩和が期待できます。

  • 鎮痛剤の使用

痛みの原因となるプロスタグランジンの生成を抑え、痛みを和らげる効果が期待できます。薬が効くまでには時間がかかりますので、痛みが起きることが予想できる時はなるべく早めに薬を服用しましょう。痛みが強くなってきた時に飲むとプロスタグランジンが生成されてしまっている状態です。生成される前に飲むのが効果的です。

このプロスタグランジンの生成を抑えるのに効果的なのがイブプロフェンやアスピリンになります。(15才未満はアセトアミノフェンを使用しましょう。)

鎮痛剤を使用する場合は、薬の種類も確認して自分に効くものをみつけましょう!

  • 低容量ピルの使用

ピルで排卵を抑えることで月経痛が軽くなる場合もあります。鎮痛剤で効果がない場合は病院を受診しましょう。子宮筋腫や子宮内膜症など月経痛を悪化させる原因がない場合は、ピルの使用が推奨される場合もあります。

ただし、低用量ピルは年齢や喫煙習慣などにより服用ができない場合もありますので、お医者さんから詳しく説明を受け生活習慣に気をつけることも大切です。

さいごに

生理の時はホルモンバランスも崩れ精神的に不安定になったりしてしまう方も多いと思います。毎月のことですので、なるべく元気に過ごしたいというのが多くの女性の気持ちだと思います。うまく付き合っていく方法を見つけていきたいですね。