メキシコ旅行レポ〜タスコ編〜

10月のとある日、メキシコの2つの町へ一人旅をしてきました!

今年のことは今年のうちに・・・ということで(?)、日頃のブログのテイストとはやや(むしろかなり)異なりますが、これから2回にわたって「旅行レポ」なるものをお届けします!

※写真はすべて拡大表示できます

 

1日目「レオン→メキシコシティ」

レオンからまっすぐタスコへ行く手段は、自ら運転する他なし・・・というわけで、まずは一路メキシコシティへ。

レオンからの最終便に乗り、23時ごろの到着。早朝からの移動に備えて、この夜はメキシコシティ空港内にあるカプセルホテルで一休み。

その名も「Izzzleep Aeropuerto Terminal 1」

なんて読むんや・・・

逆に落ち着かないこの内装。

 

2日目「メキシコシティ→タスコ」

まだ夜も明けぬうちに空港を出発し、南バスターミナルへと向かいます。

蛇行のキツイ山道に揺られ久々に車酔いをもよおしながらも、シティからおおそ2時間半かけ無事にタスコへ到着です!

これが・・・

何年も前から来たかったタスコ・・・!

といつまでも景色に見とれていたいところですが、まずはタクシーでホテルまで行きます。というか、何も言ってないのにタクシーに乗る流れになってる。「これ大丈夫なタクシー?」と思いつつも行き先を告げます。

 

わたしを乗せたタクシーは、車がすれ違えないほど狭い道を躊躇せず進んでいきます。徐行って知ってるか!?と言い出したくなるほどの躊躇のなさ。(タスコに限った話じゃないですけどね)

エリア別に料金設定がしっかりされているようで、ボラれるなんてことはありませんでした。

でも道すがら「このあと予定は決まってるのか?どこか行きたいところはあるのか?ここはオススメだぞ!連れてってやろうか!」など激しく営業トークを展開され、「あ、結構です・・・」と断ったら手のひらを返したように冷たくあしらわれてしまった。なんかごめんね。

 

宿泊したホテルは「Hotel Agua Escondida」。ソカロに位置している絶好のロケーション。決め手はなんといってもこのホテル屋上からの風景。

120点満点かな???

車酔いがおさまるのを待ってから、ホテルに併設されているレストランで腹ごしらえ。

お腹がいっぱいになったところで町の散策に出かけます。

角を曲がるたびに絶景。空を見上げるたびに絶景。

「かわいい〜〜なにこれ〜〜」とつい声が漏れます。

タスコは銀の産地として有名なので、たまたま発見した作業場を見学させてもらったり、自分用にピアスを買ったりなどしました。

ピアスはフック部分がめちゃくちゃ長かったので「これ切ったりできないですか?」と聞いたら「折り曲げて調節すればいいよ!銀はやわらかいからね!」とサムズアップされました。なるほど。

 

トリップアドバイザーで評価の高かったレストランにも入ってみました。

そしてここでコロンビア人観光客、またの名を「君のこと、シティのバスターミナルで見ていたよ」オジサンに遭遇。なんと彼は、わたしがお手洗いへと席を外した隙にわたしのテーブルの会計を済ませてしまうプロだったのです!!(?)

無言でその場を去ることはできず(というかばっちりわたしのことを待っていたので)、そのまま別のお店でお茶することに・・・。

出窓にも座席がセッティングされている雰囲気バツグンなカフェです。

基本的には害のないオジサンでしたが、先の一言で背筋が瞬時に凍りついたので、早めにホテルへ帰る(避難する)ことにしたのでありました・・・。

 

ちょっと遠いけどまた行きたいな〜。

次回は2つめの町「ベラクルス編」をお送りします!

 

年末年始のため休診中です

12月23日〜1月1日は休診日となっております。

ご不便おかけいたしますが、何卒御了承くださいませ。