ピロリ菌検査のご案内

こんにちは

コスモスファミリークリニックイラプアト院です。

 

早速ですが、腹痛やおえつ、ゲップ、少し食べただけなのにすぐに満腹になるなんてことないですか?

もしかしたら、原因はピロリ菌にあるかも知れません。

今までピロリ菌の検査なんてしたことありますか?

ピロリ菌について知ろう

ヘリコバクター・ピロリ菌:

胃粘膜に対する攻撃因子と防御因子のバランスを崩す最大の原因になると言われています。

60歳以上の日本人の60%以上に感染があると推測されています。

           ピロリ菌は細菌の中では珍しく、酸性下を好んで生息します。

ピロリ菌がいるとどうなるの?

ヘリコバクター・ピロリ菌

冒頭に挙げた腹痛、おえつ、膨満感の様な症状を始め以下のような疾病が一般的ですが、初期では無症状の人がほとんどです。

胃炎

胃潰瘍、十二指腸潰瘍

胃がん

通常、胃壁は胃の粘膜により胃酸から保護されていますが、このピロリ菌により胃の粘膜が損傷することで胃壁の組織が失われ胃潰瘍となります。

ピロリ菌以外にもストレス薬物要因で胃潰瘍が発症することもあるため、検査が必要です。

検査や治療はどうするの?

コスモスでは以下の様な検査を実施しています。

検便

血液検査

どちらも検査後数時間で結果が出ますので、当日中に結果をお伝えできることがほとんどです。

治療薬にはいくつか種類がありますが、基本的には抗生物質2種類と胃酸の過剰分泌を抑える胃薬が1つの計3種類の組み合わせで、治療期間は1週間から2週間ほどになります。

 

治療後は確認の為に、再検査を行いピロリ菌の検出がなくなれば治療完了です。

治療に失敗した場合は、組み合わせを変更して再度お薬をお飲みいただくことになります。

どんな人が検査をすべき?

ピロリ菌の感染ルートは、衛生環境の整っていない場所での飲食であると言われています。

以前は日本でも上下水道が整っていなかったことで、現在50歳以上の方の大半がピロリ菌を保菌すると推測されます。

メキシコでは現在でも屋台のタコスを始め、きちんと衛生管理できていないところが多数あります。

このような環境で一定期間過ごされている場合は、症状がなくても一度検査されることをお勧めします。

 

 

気になる症状がある方は当院の公式LINEよりご相談ください。

下記より公式ライン追加後、お気軽にお問い合わせ下さい。

当クリニックのFacebookTwitterでも情報配信中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です