[コラム]下痢のときにオススメの食べ物、飲み物

こんにちは、コスモスファミリークリニックです。

雨がおおくなってきました。この時期下痢の症状で受診される患者さんが増えます。下痢のときに食べたほうがいいもの、飲んだほうがいいもの、そして控えたほうがいいものをご説明します。

推奨される食べ物と飲み物

下痢のときには穀物類、イモ類や繊維の多いものを食べると良いそうです。お米、パンやバターなどをあまり使っていないクッキー、茹でたじゃがいもやサツマイモもおすすめ。

下痢のときは、水分をしっかり取ることが重要です。水が一番いいそうですが、ゲータレードのような飲み物も1日1リットルまでを目安に飲んでいいそうです。

 

避けたほうがいいもの

コーヒー、アルコール、たばこ、スパイス類、辛い食べ物など胃腸を刺激するものは控えましょう。また、牛乳や油っこい食べ物もおすすめできません。例えば、イモ類は食べたほうがいいですがフライドポテトなどは避けましょう。

 

その他のアドバイス

下痢のときは、食べるとすぐ出てしまい胃が空っぽになりがち。この状態が続くと胃酸で胃の粘膜が傷ついてしまう可能性もあるので、下痢のときは消化に良いものをこまめに食べるようにしましょう。また、2~3日間ひどい下痢が続いている、熱が伴う下痢、嘔吐と下痢を繰り返している、腹部に強い痛みがある場合は、病院に行くようにしてください。5歳以下のお子様の場合は脱水症状になりやすく注意が必要ですので、できるだけ早めに受診することをおすすめいたします。

また、下痢の原因は、細菌感染、ウイルス、寄生虫、ストレスなど多岐にわたります。

当院では、検便を迅速に行うことが可能(平日、土曜日対応)で、検査結果に応じて適切なお薬のご処方が可能です!

我慢せずに、当院までお気軽にお問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です